中古パソコンの購入を検討していますがリカバリディスク付きですか?中古パソコンにリカバリディスクが付いていなくても大丈夫

〇リカバリー領域のある中古パソコン
新品のメーカー製パソコンであれば殆どでリカバリディスク付きとなっています。リカバリディスクがあればもしWindowsにトラブルが起きて起動しなくなってもすぐに購入時の状態に戻すことが可能です。メーカー製のパソコンによってはリカバリディスクが無い場合があります。

こういったパソコンだと中古で購入してもリカバリディスク付きでは無いです。しかしリカバリディスクの無いパソコンではHDDの内にリカバリ領域があることがあります。リカバリディスクを使用しなくてもリカバリ領域から購入時の状態に戻せます。

リカバリディスクから戻すよりリカバリ領域から戻したほうが早いと言うメリットがありますが、リカバリ領域が失われてしまうと戻せなくなってしまいます。そんな時はDVDやフラッシュメモリーなど外部の記録メディアを準備すればリカバリディスクの作成ができる場合があります。

万が一の時のために購入したらすぐにリカバリディスクを作成しておいて下さい。

・リカバリディスクの保管場所には注意
CDやDVDは温度変化に弱いと言われています。いざリカバリが必要となった時にリカバリディスクが壊れていたのでは元に戻せなくなります。日の当たらない涼しい場所にリカバリディスクを保管しておいて下さい。

〇Windowsでシステムイメージを作成
中古パソコンの場合は前のオーナーさんがリカバリディスクを紛失してしまい、最初から付いていないことがあります。そんな時でも最近のWindowsであればOSのバックアップができる機能が付いていますので大丈夫です。この機能ではドライブを正確にコピーしたシステムイメージの作成が可能です。

WindowsがインストールされているCドライブでは無く、データ保存用のDドライブにシステムイメージを保存しておきます。DVDを準備しシステム修復ディスクを作成しておくとWindowsが起動しなくなっても、そのシステム修復ディスクからバックアップした状態に戻せます。

DVDなどにシステムイメージを焼くことも可能です。